歯周病治療

perio1

歯周病とは 治療の流れ PMTCとは

歯周病とは

歯周病はお口の中の細菌(歯周病菌)が原因となる病気ですが、注意しなければいけない3つの特徴があります。

歯周病は自覚症状がない

歯周病はむし歯のように痛みが伴わないので、その進行状況を自身で判断することはほとんどできないでしょう。

歯周病は進行すると歯を失ってしまう

歯は歯槽骨によって支えられていますが、歯周病が進行するとこの歯槽骨が溶けてゆき、歯を支えることができなくなってしまいます。

歯周病は歯磨き(ブラッシング)だけでは治らない

歯周病の治療・予防には「プラーク・コントロール」が必要です。「プラーク・コントロール」は歯科医院での「歯石とり(スケーリング&ルートプレーニング)」と、ご自身の適切な「歯磨き(ブラッシング)」の両方が必要になります。

治療より予防

進行してしまった歯周病は治すことが困難なため、悪くなる前に予防する事が大切になります。ひびき歯科クリニックでは、細菌の温床となる歯石がない状態を維持し、ご自身にあった「歯磨き」を指導する定期健診を行っています。

歯周病の治療例

perio2 歯肉炎:歯茎に炎症がみられます。

perio3 6か月経過:治療により炎症が治まり、歯茎も引き締まっています。